ログ


とりあえず何か始めます。

2019年

1月12日(日)
urlからウェブページのサムネイル画像を生成してくれるウェブサービス

WordPress mShots Screenshot API

サイズ
1280 × 960: デフォルト

URL
https://s.wordpress.com/mshots/v1/[URL]?w=[width]&h=[height]

Blinky (旧MozShot)
Blinky

サイズ
128 × 128: デフォルト
64 × 64: small
256 × 256: large
512 × 512: xlarge

URL
https://blinky.nemui.org/shot[/option]?[URL]

HeartRails Capture

サイズ
400 x 400まで可変

URL
https://capture.heartrails.com/[width]x[height][/option]?[URL]

1月3日(金)
Life For Earth – 体験をベースにした地球に優しいエシカルライフ・ブログ
WordPressテーマ Minimal WP | シンプル&おしゃれな日本語テンプレート

2018年
11月3日(土)

・SDメモリーカード
SDカードの利用が時代に追い付いてない!ようやく、先日128GB購入。
SDメモリーカード – Wikipedia

・Format Link
以前、ファイアーフォックスのプラグインでMake Linkというテキスト入力支援ツールを使っていたのですが、現在のバージョンでは使えず、かわりにFormat Linkというプラグインを使い始めました。リンクの作成しか使っていなかったのですが、いい加減本格的に使おうという事で引用のblockquoteタグを生成する項目を追加しました。変数についてはコチラの記事、

【Firefox】Format Linkのカスタマイズと解説っぽいもの【MakeLink代替アドオン】 – Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

とデフォルトで設定してあるのを参考にしました。blockquoteタグのベースはコチラの記事、

引用を表すタグblockquote・q・citeの使い方とSEO効果 | なんでものびるWEB

を参考にしました。で、できたのがコチラ。

<blockquote cite="{{url.s("\"","&quot;")}}">
<p>{{text.s("<","&lt;")}}</p>
<footer>引用元:<cite><a href="{{url.s("\"","&quot;")}}">{{title}}</a></cite></footer>
</blockquote>

「target="_blank"」と「rel="nofollow"」を追加。

<blockquote cite="{{url.s("\"","&quot;")}}">
<p>{{text.s("<","&lt;")}}</p>
<footer>引用元:<cite><a href="{{url.s("\"","&quot;")}}" target="_blank" rel="nofollow">{{title}}</a></cite></footer>
</blockquote>

この辺の

HTML特殊文字 HTMLエスケープ 実体参照 – [講座/HTML] ぺんたん info

考慮がまだ必要なんだろうけど、とりあえずこれを使うことにします。