WordPress (ワードプレス)

スポンサーリンク

目次

ワードプレスで目次機能を利用している方は多いと思います。目次は訪問者さんが必要な情報にたどり着くためにとても便利なのですが、もっと重要なメリットがあります。数年前からグーグルの検索結果でページ内の目次も表示されるようになりました。つまり、的確な答えが目次にあれば、直接見出しにアクセスがある可能性があります。

そこで重要なのが、目次のid (見出しのid)です。ワードプレスのテーマや目次プラグインでは自動でidが割り振られると思います。できれば、手動で付加したいですね。

アイデア

カテゴリーとタグの使い分け
カテゴリーとタグ、なんとなく使っていませんか?私もあいまいな時があります。特にカテゴリーは難しいです。大きすぎてもいけませんし、狭めるといくらでも作れます。

なので、カテゴリーはまずは比較的大きめのカテゴリーで様子を見ます。投稿が増えてくれば共通する子カテゴリーができると思うので、そうなったとき子カテゴリーを作成します。

〇〇 ××
`-〇〇 □□

子カテゴリーと言いましたが、大きくなりそうであれば以下のように独立させてもいいと思います。

〇〇 ××
〇〇 □□

タグについては、適当といってはおかしいですが、ブログ内で強調したい&共通する&カテゴリーをまたがるキーワード、かつ訪問者さんが興味を持ってもらえるようなキーワードにするといいと思います。

適当といったのが、これは実際に運用しないとわからない部分があります。ただし、初期はあまりにもニッチなキーワードであったり(これはこれでSEO上の戦略になったりするのですが)、一般的でないキーワードは避けるべきだと思います。

あと、タグの使い方であまり気づいていない方も多いと思いますが、キーワードを投稿者が明確にできるといったメリットがあります。冷静に考えると、タグってキーワードなのでブログ内検索で事済みそうな気もしますよね。しかし、検索キーワードによっては、大量に投稿が出てきたりします。

例えば、カテゴリーをまたがって、グーグルというタグを付けるとします。しかし、ブログ内検索だと「グーグル」というキーワードは投稿に含まれていれば、すべて出てくることになります。

つまり、タグにはブログ内検索の絞り込みをブログ運営者自身で絞り込むといったメリットがあります。

パーマリンク設定

postnameの決め方

私の場合、徐々に記事を書いていく場合は、とりあえずメインの単語で投稿を作成します。たとえばワードプレスに関する投稿だと、

wordpress

です。

そして、記事内容が増えてくると、別記事にまとめます。たとえばpermalinkの内容が増えてきたとすると、

wordpress-permalink

という風にします。で、さらにこの当行の内容の一部(たとえばアイデア)をトピックにしたい場合は、

wordpress-permalink-idea

となります。

postnameで迷ったら

タイトルのキーワードが誰にでも通じるような英単語やフレーズであればよいのですが、一般的でなかったり、和製英語の場合はちょっと悩みますよね。

そんな時は、以下の方法で決めています。

・辞書サイトで検索する&例文を参考にする
・翻訳サービスを利用する
・DMM英会話なんてuKnow?で検索する
・すでにあるページのURLを参考にする

postnameで独自のパーマリンクにしたいけど、考えるのが面倒、別記事で同じになりそうな人向けのアイデアです。

/%postname%-%post_id%/

/%postname%-%post_id%.html

とすることで、post_idが追加されるのでパーマリンクが被ることはありません。後日、postnameのアイデアが浮かんで変更したい場合は、リダイレクトすればよいでしょう。

リダイレクトについて
リダイレクトと Google 検索 | Google 検索セントラル  |  Google Developers
https://developers.google.com/search/docs/advanced/crawling/301-redirects?hl=ja

Internal Link Juicer
で投稿と固定ページのタイトルとリンク一覧を取得できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました